コンピュータウィルスの脅威を防ぐネットワーク監視

自宅のパソコンのネットワーク監視

家庭用のパソコンでは、インターネットへ繋げて使うことが当たり前となってきています。その結果として、家庭用のパソコンは常にコンピュータウィルスの脅威にさられている状況が生まれています。そこで、プロバイダなどでは自宅のパソコンを24時間ネットワーク監視サービスを提供するようになっています。このサービスでは自宅のパソコンをネット経由で常に監視を行うことで、パソコンへのコンピュータウィルスの侵入を防くことが可能です。

企業でのネットワーク監視

企業ではメールなどを通じて、標的型コンピュータウィルスを送り付けられる被害が起こっています。そこで、企業ではネットワーク監視用の社員を置いて、自社へのコンピュータウィルスの侵入を防ぐ対応を行っています。従来は社内システムとしてファイアウォールを設置しておけば、コンピュータウィルスの侵入を防ぐことができていました。しかし、今のコンピュータウィルスは巧妙に進化してきているため、人の目でネットワーク監視をすることが求められるようになっています。

データセンターのネットワーク監視

近年ではデータセンターの運営会社では、依頼主の重要なデータを確実に保存をするためにセキュリティー面を強化するところが増えています。データセンター運営会社ではデータセンター内にネットワークスペシャリストを配置して、常にネットワーク監視を行っています。社内のネットワークスペシャリストはコンピュータウィルスといった脅威が発見されると、すぐに侵入を防ぐなどの対応を取ります。その結果、データセンターのセキュリティーが高くなり、依頼主からの信頼が厚くなっています。

コンピュータの信号やデータの流れ、あるいは処理の流れ全体をさして、フローといいます。フロー監視とは、この流れの中で、外部からの不審な侵入を防いだり、円滑さの維持を目的として監視するシステムのことです。