どうして必要なの?ネットワーク監視が持つ意味と重要性について

そもそもネットワーク監視が必要になっている理由

現代では、情報通信のネットワークはビジネスの上で不可欠になっているインフラです。そのネットワークが一時的にでもダウンしてしまえば、企業にとって問題が起きてしまいます。そのため、ネットワークが問題なく稼働している状態をキープし、支援していくネットワーク監視が重要になってきます。ネットワークに障害が起きてしまうと、そのままダウンにつながったりレスポンスに影響が出ますので、トラブルが起きた場合でも迅速に復旧させることが要求されるのです。

ネットワーク監視業務とはどのようなものか

ネットワークを監視する必要性は分かっていても、具体的にネットワーク監視がどのようなことを行うのか分かりづらいですよね。ネットワークを監視する仕事は、ネットワークに万が一異変が生じた際に、マニュアルに沿って規定の作業を行い、正常な稼働状態へ戻す作業が中心になります。ただし、作業をしても解消できない場合には、管理者に対して通知を行います。速やかな報告ができれば、専門の技術者の手によって的確な対策をすぐに実施できるというメリットがあります。

ネットワーク監視の上で必要な項目は何か

ネットワーク監視の分野では、具体的にどんな項目を確認するのでしょうか。監視項目も様々ですが、そのうちの一つがハードウェアの状態を監視するというものです。対象になっている機器でCPUやメモリ、またハードディスクの使用率などを監視したり、プロセス数などのリソースも監視します。これを行うことで、ハードウェアが正常とは異なる状態になったり障害が起きることを防止することができます。この他にも、サービス・プロトコルを監視する業務や、トラフィックやTRAPの監視などもあります。

ネットワーク監視ソフトを導入することで、分かりやすいGUIでの監視が可能になり、初心者であっても簡単に操作できるようになります。